Pocket

 27日、稚内空港で東京航空局稚内空港事務所、稚内署など関係する9機関合同の不法侵入者対応訓練が行われ、有事に備え連絡手順など確認した。
 27日午前9時半、稚内空港の第1ゲートからの侵入者が空港関係者の車両を奪い滑走路で暴走したのを想定し訓練が行われ、警察や空港関係の車両が滑走路と場周道路から暴走車両を追跡。夫々が連携し暴走車両を追い詰めたあと、凶器を持って抵抗する侵入者を警察官が取り押さえた。
 訓練終了後、松本稚内空港事務所長は「事件は決まった条件下で発生するわけではないので職場に戻り振り返ってほしい。侵入者を事前に止めることが大事なことであり基本を忘れないでもらいたい」と講評していた。