Pocket

 稚内和服でおもてなし実行委員会(竹内ひとみ代表)は25日、鹿児島空港からFDAチャーター機で稚内入りしたツアー客を出迎えた。
 道外から訪れた観光客のおもてなしとして企画したもので、鹿児島を発ち午前11時40分頃に稚内空港に到着したFDA機の乗客77人を、和服でおもてなし実行委メンバーや着物好きの市民ら28人が機体色の赤、水色、ピンク、オレンジなど全14色の色に合わせて着物を着て「ようこそ!日本のてっぺん稚内へ!」と書かれた横断幕を手に出迎えた。
 タラップから降りた乗客が写真を撮るなどしていた姿に、竹内さんは「稚内へ多くの観光客を連れてきて頂けるFDAさんへの感謝と、鹿児島からの旅行者の方々が再び来ていただければ嬉しいです」と話していた。