Pocket

 最北端で花火を上げる会(徳田晃一代表)主催の宗谷岬花火大会が18日夜、日本最北端の地の碑周辺で行われ、訪れた1000人の観客が最北の夜空に咲く大輪の花に歓声を上げていた。
 北の名所で短い夏の想い出作りをしてほしいと、徳田さんを中心に初めて企画された催しには、花火打ち上げ前から飲食店の出店があり、稚内フラシスターズのフラダンスが催しに彩りを添えた。
 曇り空でベストコンディションとはならなかったものの、最北端で打ち上げる花火を見ようと宗谷岬神社、宗谷岬公園周辺には稚内市民だけでなく観光客も集まり、午後7時から間近で打ち上げられた500発の花火の迫力に感動していた。
 代表の徳田さんは「来年以降も続けていけたら」と継続開催に前向きな話をしていた。