Pocket

 交通安全運動を独自に行っている西浜4、木村巧さん(82)が、19日の「バイクの日」にライダーに贈る交通安全を願ったお守り作りに取り組んでいる。
 自宅横にある飲酒運転撲滅の看板や交通安全を願う〝無事カエル人形〟などの製作をしてきた木村さんは、全国各地である交通死亡事故などを知るたびに少しでも事故が減るようにとの思いが募り、今回ホタテの稚貝を再利用して事故防止だけでなく旅の思い出になるようパンダの顔を型どったお守りを製作している。
 19日は稚内署などと協力し自宅前の道道抜海港線を通るライダーに啓発活動するとともにお守りを配るという木村さんは「夏休み期間の今は観光などでライダーや車が多い。事故が起きないようスピードダウンなどを訴えたい」と話していた。