Pocket

 稚内海保は7日夜、ノシャップにある稚内灯台を公開した。午後8時までの間に100人余りの親子連れらが訪れ、灯台から見る景色を楽しんだ。
 普段は入れない灯台が開放されるとあって多くの親子連れや観光客が訪れ、灯台入口横に展示された灯台パネルや機器を見たあと、全国2番目で道内一高い43㍍の高さを体感するべく多くの人が、153段の階段上りに挑戦してっぺんを目指した。
 その途中の高さ15㍍の所では外に出ることができ、そこからノシャップ地区など市街地の景色を見た南小4年生の男の子は「上り下りの階段は疲れたけど灯台から見る景色は良かった」と感激していた。