ツバメ子育てに奮闘 新光町の店軒下の巣でヒナ孵化

 新光町にある大型店舗軒下にツバメが巣を作り、子育てに奮闘する姿が買い物客の話題となっている。
 今月上旬に巣が確認され、1週間前に数匹のヒナが孵った。食欲旺盛なヒナのためエサを探しに周辺を飛び回る親鳥は大忙しで、孵化から巣立ちまでは15日前後かかり週何回か巣の様子を見に来るという近隣女性は「ヒナの羽は立派になってきているようで飛び立つのもあと数日ではないか」と話していた。
 野鳥の生態に詳しい大沼バードハウス常勤ガイドの遠島さんによると、ツバメは天敵などから巣を守るため人通りが多い場所に巣を作ることが多く「カラスなどに襲われないように人が行き交う場所に作ったのでしょう」と。

コメントを残す