Pocket

イベントをPRする森社長

 水上オートバイの世界大会、全日本大会で活躍する日本選手によるショーイベントが8月4日午前11時からと午後2時半から第一副港で行われる。主催するモリ観光社長の森敬四郎さん(43)は「世界の技術を間近で見てほしい」とPRしている。
 みなと南極まつりの稚内副港ボートレースの合間に催される水上オートバイのイベントは、広島県を拠点に活動し4年連続全日本チャンピオンとなり、競技の本場アメリカで2007年から2年連続で世界チャンピオンに輝いた渡部文一選手はじめ、渡辺選手の弟子で初挑戦の2011年の世界大会で優勝した坂井田和明選手、日本でトップクラスの選手ら合わせて6人が水上を空中回転するなど妙技を披露する。
 自身も10年以上の水上オートバイ歴があるという森さんは「稚内でイベントをして7回目になりますが、世界を舞台に戦うメンバーが国内イベントに揃うのは稀なことであり、稚内が最初で最後のショーイベントになると思います。是非、多くの方に見てほしい」とPRしている。