悠遊ファームが稚内初の民泊施設を上勇知に開設

 上勇知、悠遊ファーム(渡部永一代表)はメインハウスの一部を改装し今年度から新たに民泊「ゲストハウスファームイン悠遊」の営業を始めた。宗谷管内での民泊施設は利尻と稚内では初めてとなる。宿泊先を探す外国人観光客から喜ばれている。
 同ファームは既に5人まで宿泊できる民宿「ファームイン悠遊ファーム」を営業中だが宿泊客拡大のため、シーズンオフ中に渡部さんらがメインハウス2階にシングル2部屋、ツイン1部屋と、1階には宿泊客が自炊するためのキッチン改修作業を終え、今年5月から営業している。
 世界中に利用者がいるインターネットの宿泊施設紹介サイトairbnb(エアービーアンドビー)に登録していることから利用客の7割以上が外国人でファーム内での野菜収穫の農業体験やのどかな自然を満喫しており評判は上々だという。
 渡部さんは「都会にない環境の中、野菜の収穫やバーベキューなど楽しんでおり、これからも満足してもらえるよう頑張りたい」と話していた。

コメントを残す