大きな船体に驚く 護衛艦ちょうかい初寄港

 末広埠頭に寄港した海上自衛隊佐世保基地所属の護衛艦「ちょうかい」(7250㌧)が20日、一般公開され全長161㍍の迫力ある船体を一目見ようと多くの市民らが詰めかけた。
 稚内初寄港となる「ちょうかい」は対空ミサイルや54口径127㍉㍍連射砲などの装備を備え、2011年3月11日の東日本大震災の際には津波にさらわれ屋根の上で2日間漂流していた男性を宮城沖で救助した。
 午前9時から一般公開され、来場者は甲板に上がって写真撮影し隊員の船の説明に耳を傾けていた。
 21日は午前9時~午後1時まで一般公開される。

コメントを残す