稚内観光協会のレンタルサイクル当初予想の倍の利用

 稚内観光協会が6月からスタートさせたレンタルサイクル事業は順調に利用者を伸ばしキタカラ~宗谷岬まで往復する人がいるなど2次交通としての役目も果たしている。
 協会によると、電動機能を備えた4台の自転車を1台1時間1000円で貸し出しているレンタサイクルは今月11日までの1カ月間で31人が利用し、予想していた倍以上の利用があったという。
 東京、宮城、千葉など道外からの個人旅行者の利用が8割を占め海外では中国、韓国、アメリカ、デンマークからの旅行者の利用もあった。全体的に1日乗り放題の3000円プランで利用する人が多く、キタカラからノシャップ岬を折り返したり、稚内公園の上り坂を上がるなど大半を占める中、東京からの人で宗谷岬まで行き夕方まで自転車観光を楽しんだ人もいた。
 4台全て貸し出した日もあり、協会は宗谷岬のツアーセンター・ベース宗谷に置いてある6台のうち1台を協会の方に回し5台での運用も検討しており、戸村協会プロジェクトマネジャーは「ノシャップまで行く産業道路を通ると、前浜で漁をする光景が眺めることができるなど観光客から好評です」と話していた。

コメントを残す