時の話題 「投票まであと8日」

 今月4日の参院選公示から1週間ほど経過し候補者が稚内入りするようになり「お願いします」の連呼を繰り返す選挙戦。定数が1人増え3議席となった道選挙区には9人立候補したが、実質、自民党の2人、立憲民主党、国民民主党、日本共産党各1人の5人の争いになるものと見られている。
 12選挙区で当選者を1人決める衆院選小選挙に比べ熾烈さという点では切迫感に欠ける嫌いがある参院選だが当選するのと落選するのとでは天と地ほどの開きがあり、道知事を4期16年間務め知名度抜群の高橋はるみ候補でさえ今回、遠路遥々訪れたというのは「油断禁物」という選挙の鉄則を実行するためであろうか。
 今回の参院選は年金、鉄路、原発、消費税増税、人手不足などに加え9条改憲を見据えた自民党などの動きもあり日本と国民にとって令和を占う試金石になる選挙になる。「たかが1票で変わらないよね」と捨鉢になるのでなく「されど1票」の諦めない精神を問われる選挙であり、6年半続いている安倍政権への審判もあり、投票の棄権だけはしないようにしたいものだ。
 定数1の32ある選挙区では野党共闘になり与党候補との一騎打ちとなるが、全国紙の報道では与党候補が有利との分析があるものの選挙は水ものであり、この先1週間で状況が変わるやも知れず、そのためにも我々有権者は投票所に足を運ばなければならない。
 市選管によると期日前投票は一日150人超え堅調なようで、この投票は投票日前日まで休・祝日でも受け付けているので1票を。

コメントを残す