満点の星空に感動 科学館が富磯小で移動天体観望会

 青少年科学館は8日夜、富磯小で移動天体観望会を開き、満天の星空を観望した親子らが歓声を上げていた。
 天文に興味を持ってもらおうと、科学館に来るのが難しい郊外の児童たちを対象とした今年度1回目の移動観望会には、児童や父母ら20人が参加した。
 児童たちは、晴れ間の広がった午後7時半から徐々に日没が進むにつれはっきりと見えてくる月、土星、木星など、科学館で用意した大型双眼鏡や望遠鏡で観察。天体同好会による星空の説明に耳を傾けながら〝春の大三角形〟など季節の星座を見ては感激していた。

コメントを残す