サ州から2人受け入れ 商工会議所企業研修 石塚建設で7日まで就労

タチヤーナさん

キムさん

 稚内商工会議所のロシア人研修が今年も行われ、サハリン州から2人の研修生が24日~8月7日まで石塚建設興業で実施する。
 平成6年から始め26年目となるロシア人企業研修で来市するのはバイコバ・タチヤーナ・ゲンナージェブナさん(50)=コルサコフ市=とキム・ステファン・ヘチェロビッチさん(26)。タチヤーナさんはコ市活動保障局の開発部長、キムさんは㈱ラーダの技師。
 2人は13日空路来道し、稚内では16~23日まで日本語研修を受け24日から石塚建設で研修する。
 会議所が昨年まで受け入れたロシア人研修生は107人。定期航路があったコ市が46人と最も多く、ネ市30人州都ユジノサハリンスク31人。稚内市内の建設業に40人、商業、水産加工業に各19人など研修し、サ州に帰国してから稚内の企業で会得した技術・技能や知識でサ州経済の発展に寄与している。

コメントを残す