「望郷の樺太の碑」建立 19日稚内公園で除幕式 記者懇談会で市長 

 工藤市長は8日に開いた記者懇談会で全国樺太連盟が稚内公園に恒久平和を願い建立した「望郷の樺太の碑」の建立除幕式が今月19日に開催されることなどを明らかにした。
 昨年5月、副港市場内に開設した樺太記念館に関係資料など約2000点を寄贈した連盟だが、今のサハリンに戦後、連盟の関係者が建立した23基の慰霊碑が設置されている場所を明記した恒久の碑「望郷の樺太」を、旧樺太が眺望できる公園内の樺太犬供養塔近くに建立され、全国樺太連盟の役員が集まり19日午前10時から除幕式が執り行われると話した。
 JR北海道が宗谷線で運行する観光列車「風っこ そうや」について、稚内~音威子府間で27日、28日、8月3日、4日、10日、11日、12日の7日間運行し、稚内市としてゆるキャラの送迎、車内で稚内市民観光ボランティアガイドによる観光案内など、おもてなし事業を行うことを説明した。

コメントを残す