34社が新規高卒者対象に合同企業説明会開く

 稚内職安、稚内市など主催の新規高卒者合同企業説明会が2日午後、サフィールホテル稚内で開かれ、参加した高校生64人が管内企業34社の説明を聞いた。
 9月16日の就職戦線解禁を前に、地元企業の業務内容など知ってもらい内定に繋げようとする説明会には石塚建設興業、稚内信金、桜井電業所、宗谷バスなど管内34社が参加した。
 川野副市長が「将来の貴重な戦力となる高校生の管外流出に少しでも歯止めをかけ、次代を担う優秀な人材確保に努めてもらいたい」などと挨拶したあと、生徒たちは自分が興味ある会社のブースを選び、将来の選択肢にするべく真剣な眼差しで説明を受けていた。

コメントを残す