宗谷岬のツア ーセンター開設 白い道ツアーなど体験メニュー充実

 個人観光客向けの観光情報を発信する宗谷岬のツアーセンター「Base Soya」が1日に開設された。
 体験観光メニューなども取り入れ、稚内観光協会が昨年に続き開設したもので、宗谷丘陵周辺などをコースとしたレンタルサイクルの実施、昨年はモニターツアーとして行った宗谷丘陵・白い道ツアーの内容を一新し送迎を付けたツアー商品を今月13日からスタートする。
 稚内の絶景スポットとして人気の〝白い道〟は宗谷岬から距離があり交通アクセスの悪さが課題だったが、ツアーセンターから8人乗りのバスを運行し白い道入口まで送り、そこからガイドの案内で3㌔のコースを歩いてもらいゴールの宗谷護国寺で出迎える。
 ツアーセンター内にはカメラセンターdemdemの女性スタッフ2人を配置し9月末まで午前10時~午後4時まで開設。店内ではコーヒー、タピオカドリンクなども販売している。宗谷岬には年間20万人の観光客らが訪れるが、滞在時間は数分と短さが課題だった。観光協会は「体験メニューを充実させ少しでも長く稚内観光を楽しんでもらうよう努め滞在日数を増やしたい」としている。

コメントを残す