天北堆

 17年も経ったのか。あの日は風の強い日であった。目撃者の話によるとレンバイの建物に閃光が見えた途端、火の手が上がり強風に煽られ火事は一帯に広がってしまった◆堆子も火事の話をとある遊技場で聞くも「大した事はあるまい」と高を括り帰宅するととんでもない事態になっていることを知り愕然としたものだった◆大火から数日後、当時道議だった岡谷繁勝氏が随行し堀知事が現場にやって来てガレキと化した悲惨な状況に目を覆っていた◆油断なく対応しなければならない事を知った大火事だった。

コメントを残す