少年団バレーで初の全国大会へ 全道優勝した稚内スワローズ

 22、23の両日旭川市で開かれたバレーボール少年団の全道大会・北北海道大会に出場した稚内男子チーム「稚内スワローズ」が優勝し、稚内勢としては初めての全国大会出場を決めた。
 トーナメント方式で2セット先取で行われた大会には稚内、旭川、帯広、根室などから8チームが出場。稚内スワローズは準決勝で北見のチームと対戦し2対0で勝ち、決勝は帯広のチームに2対1で勝利し、創部4年目にして初めて全道大会を優勝し、8月6日~9日に神奈川県川崎市で開かれる全国大会の切符を手にした。
 これまで何度か出場した全道大会では1回戦負けが多かったが、今大会は小学4年生の時に加入し現在中心メンバーとして活躍する6年生が大会で躍動した。週3回の練習をしている市役所の中田僚太郎さんは「1、2回戦負けが多かったチームがこの何年間で練習の成果が実を結び、チームに関わった関係者保護者に感謝したい。全国でもいい結果が出るよう頑張りたい」と話していた。

コメントを残す