天北堆

 稚内北星大学の理事会で存続か否かの方向性が出るようだが、昨日の議会での発言を聞く限り市長の腹は固まっているよう堆子は感じた◆工藤市長にとって集大成になる3期目の今後4年間で次にバトンタッチするという覚悟を感じ、盟友ともいえる金森氏を常務として大学に送り込んだのだが万策尽きたのか◆恩師である浜森元市長が作った大学を自らが葬る役割になるとは断腸の思いだろう。何とか残そうとしても市の財政が許さない。このジレンマを抱え手を打ってきた4年間だった。本当に命運尽きるか。

コメントを残す