労災根絶向け130人参加 北部電気協組と北海電工合同安全大会

 北部電気工事協同組合稚内・頓別支部、北海道電気工事稚内・浜頓別・天塩営業所の合同安全衛生推進大会が20日、海員会館で開かれ、参会した中川町以北の26社130人が労働災害根絶を誓った。
 参加者を前に、組合の三和寿志理事長(中川町)は「高所での危険な作業が多いが、安全対策を守り作業に当たってほしい」と挨拶続いて安全優良事業所の2社の表彰が行われ、北電送配電カンパニー旭川支店の東郷純一配電工事グループリーダーが「感電災害を防ぐ42ボルト」と題した安全講話をし、桜井電業所の横山将太さんが安全宣言した。
 大会前には永年勤続者表彰があり、受賞者10人を代表し20年勤続の石岡電気工業(枝幸)の毛利暢宏さん=写真=に三和理事長から表彰状が贈られた。
 被表彰者(稚内分)
 ▽5年勤続 阪根裕一(品田電気商会)。

コメントを残す