道北10高校集い開催 高文連道北支部の音楽発表会

 高文連道北支部主催の音楽発表会が19日、文化センターで開かれ10高校から参加した生徒114人が練習の成果を発揮した。
 発表会と全道大会への出場校を決める音楽発表会には、当番校の大谷高や稚高の稚内勢をはじめ、名寄、士別など道北エリアの10校が参加した。
 出演者を前に、山下大谷高長は「音楽を愛する仲間たちが一堂に会する発表会で、練習の成果を発揮してほしい」と挨拶。続いて大谷高吹奏楽部の杉村夏海部長が「満足の行く発表会にしてほしい」と挨拶した。
 器楽・管弦楽部門の枝幸高吹奏楽部員7人の「アヴェ・マリア」から発表会は始まり、午後から出演した大谷高生徒は「蒼の躍動」、稚高生徒は「道標の先に」など演奏した。
 全道への切符をかけたコンクール部門には大谷高と枝幸高が登録し、最優秀賞を獲得したどちらかが、10月2、3日に帯広市民文化センターで開催される全道大会に出場する。

コメントを残す

前の記事

天北堆