地域を桜などで一杯に 富岡LINKSが植樹

 富岡LINKSによる富岡桜いっぱい植樹の集いが15日、大谷高と稚内北星大学で行われ、参加した住民らがツツジの苗木など植えた。
 同団体は「街に明るさと賑わいを創出し、次世代が夢を描ける稚内の創造に貢献すること」を目的に、富岡地域の事業主らが中心となり昨年から植樹をし冬にはアイスキャンドル作りを行っている。
 昨年に引き続き大谷高で行われた植樹には住民や大谷高ボランティア部生徒ら30人が参加。中山亮副会長が「苗木を丹精込めて育て学校の出入口を綺麗にしましょう」と挨拶したあと、参加した親子らは穴を掘り、ツツジの苗木を丁寧に植栽し水やりをした。
 このあと、北星大学と潮見が丘中を結ぶ土手にチシマザクラ10本を植えた。

コメントを残す