天北堆

 昨年の甲子園大会で金足農高旋風を巻き起こし日ハムに入団した吉田輝星投手が1軍のマウンドに初登板。堆子なんぞ相手がエースの大瀬良だけに大敗するなと予想していたが、何と何と5回の先発責任回数を投げ勝利投手に◆だがプロとして成功するには次回以降がポイントになる。でも初登板初勝利は斉藤佑樹ではないが「何か持っている」のは確かなようだ◆今から32年前の昭和62年、巨人相手に無安打無得点試合を達成した中日の近藤真一投手が鳴かず飛ばずで野球人生を終えた事ありましたっけ。

コメントを残す