えびなホール5周年 SE-NOなど多くのコンサート

 宝来2、えびなイベントホールが、15日でオープン5周年を迎える。
 同ホールは、稚内出身兄弟ユニットSE―NOの蝦名摩守仁、摩守俊さんの実家の電機店を改装し作られたもので、亡父の「笑顔の集まる場所にしたい」との願いから多目的ホールとして平成26年6月15日にオープン。セレモニーには、シンガーソングライターの中西圭三さんを迎えたライブが行われた。
 これまで「愛は勝つ」などで知られるKAN、元ふきのとうの山木康世さんなど、大物アーティストがライブを行っており、全国各地からミュージシャンを集めた「TEPPEN MUSIC PARTY」を開催するなど、当初の願い通り多くの人を音楽で笑顔にしてきた。
 兄の摩守仁さんは「本当に沢山の方々の応援のお陰で歩んでこれたことに感謝します。沢山のアーティストが稚内を訪れ音楽と共に笑顔を届けてくれた。これからも笑顔溢れる場所にしたい」と話していた。
 SE―NOの2人がソロで行う5周年記念ライブは、16日午後6時半から開かれる。
 チケットは前売り2500円(当日3000円)で販売している。

コメントを残す