海浜のゴミを一掃 坂の下海岸クリーン作戦に390人参加

坂の下海岸を清掃する参加者

 5日までの全国不法投棄監視ウィークに合わせ2日、坂の下海岸でクリーン作戦が行われ、参加した市民が漂着物など2㌧分のゴミを集めた。
 クリーンアップわっかない市民運動として平成20年から12回目となる清掃活動に参加した61団体から390人余りの市民を前に、工藤市長の「環境都市わっかないの名に恥じないよう皆さんの力で綺麗な海岸にしましょう」との挨拶のあと、参加者は坂の下海水浴場など海岸沿い1㌔の間に落ちていたプラスチック容器や流木、ロープなどのゴミを袋いっぱいに拾い集めた。
 昨年まで行われていた声問海岸よりも400㌔ほどゴミが多く、冬から春にかけてのシケで運ばれてきた流木、プラスチック容器などが目立った。

コメントを残す