外国人ら観光客に百年記念塔下にある可動式ベンチが人気  

ベンチからの眺めを楽しむ外国人観光客

 百年記念塔下にある市街地を一望できる可動式ベンチが今、稚内を訪れた外国人観光客らの人気スポットになっている。
 記念塔周辺で植物園を管理するNPO法人稚内山野草同好会が市民や観光客らに憩いの場を提供するため7年前に設置した1人掛けと2人掛け用の可動式ベンチは、稚内の観光パンフレットに紹介されていないものの、景勝地を好む外国人観光客がベンチからの市街地の写真をSNSに投稿するようになってから人気を呼びレンタカーなどで稚内入りした個人の外国人観光客が好んで立ち寄っている。
 晴れた先週末には台湾からの観光客が1時間ほど高台から見る市街地の景色を眺めながら何枚も写真を撮っていた。
 着物で外国人観光客を案内している稚内和服でおもてなし実行委員会の竹内ひとみさんは「市内の色んな所を案内しますが、可動式ベンチは皆さん特に喜び、晴れた時の眺めは最高です」と話していた。
 一帯はベンチのほかに200種類の高山植物がある植物園、展望台、東屋なども備えられて市民の憩いの場としても人気があり、管理するノース工房の梅田敏文施設長(67)は「外国人観光客が来るようになり設置して良かった」と話していた。

コメントを残す