古希の日本一周船旅 第1船は福岡からの男性3人組

 福岡から古希日本一周の船旅をしてきたという男性3人が乗船したプレジャーボート「ビンド号」(7・9㌧)が17日午後、第2副港のわっかない海の駅に入港した。
 7年目を迎えた海の駅に今年最初の入港でボートのオーナー・財津重美さん(69)は仲間2人と古希を迎えるのを記念し日本一周の船旅を今月11日、福岡からスタートさせ、島根や石川など日本海側を北上。北海道に入ってからは余市、利尻などに寄港し17日午後3時過ぎ、稚内に到着した。
 1週間の船旅を「北海道に入ってからは霧が濃く、流木が流れていたりと何度も怖い目にあった」と振り返った財津さんは3度目の来市という稚内について「50年以上前、学生時代に来たことがあり、その時から印象に残っている北防波堤ドームなどを仲間にも案内したい」と話していた。
 20日稚内を発ちオホーツク海を南下する。

コメントを残す

次の記事

天北堆