大谷高卒業の熊谷さんが稚内で救急車同乗訓練

 北海道ハイテクノロジー専門学校救急救命士学科3年生の熊谷佑斗さん(20)が、稚内消防署で救急車同乗訓練に取り組んでいる。
 大谷高卒業後、恵庭にある専門学校に進学した熊谷さんは、高校在学中の就業体験で稚内消防署の救急業務に取り組み、将来は救急救命士を目指している。
 13日から始まった現場訓練で初日、3回の急病要請に付き先輩救命士の仕事を間近に見るなどし、要請がない時は血圧を測る訓練などに取り組む熊谷さんは「人を助ける仕事がしたいと思い救急救命士になりたいと思っています。17日までの訓練で、しっかり現場での動きを勉強したい」と目を輝かせていた。
 稚内で勤務したいという熊谷さんの思いに指導する野々山警防課長は「今回の訓練で学んだことを今後に活かしてほしい」とエールを送っていた。

コメントを残す

次の記事

天北堆