交通・地域の安全願って 北防ドームで70人参加し出動式

 春の全国交通安全運動と地域安全運動初日の11日、北防ドームで出動式が行われ、11~20日までの期間中、交通安全と防犯啓発活動が展開される。
 稚内署、市、振興局など11団体から120人が参加した中、南條稚内署長の「令和の始まりと共に、より安全な時代になるよう努めていきたい。改元や五輪関係の詐欺など犯罪に気を抜かず、稚内市内では3月に痛ましい交通死亡事故が発生したことを忘れず、期間中の取り組みに協力をお願いします」との挨拶に続き、青山副市長、中居稚内地区防犯協会連合会長が主催者挨拶し、朝倉宗谷総合振興局長が来賓挨拶した。
 このあと、南中ソーラン連による南中ソーラン演舞があり、篠田稚内署生活安全課長の出動申告に合わせパトカーなどがパトロールに出動した。

コメントを残す