交通安全・労災ゼロ誓う 建設協会など主催し大会開き車両パレード

 稚内建設協会、稚内市建友会など4団体主催の建設交通安全並びに労働災害防止大会が10日、建設会館で開かれ、参加した180人の関係者が労働災害の根絶を誓った。
 富田稚内市建友会長は、稚内署管内での人身事故が昨年は前年と比べ1件多い20件、死者2人いたこと、今年に入り除雪作業中に死亡事故が発生したことをあげ「除雪に従事する者として一層、気を引き締めなければならない」とし、休業4日以上の労働災害20件、屋根から転落した死亡事故が1件あったことを踏まえ「無事故、無災害を達成できるよう細心の注意を払い労災交通事故の根絶に向けた取り組みをしていきましょう」と挨拶。続いて舘石稚内開建部長、朝倉宗谷総合振興局長、工藤市長(代理・青山副市長)、南條稚内署長、麓稚内労基署長(代理)が来賓挨拶を述べた。
 参加者を代表し藤建設の遠藤一人労働安全副部長が決意宣言し大会を終えたあと、車両23台が市内をパレードし交通安全を呼びかけた。

コメントを残す