北防ドームにスケボー用具放置 市は近く撤去する方針

 GW中に多くの観光客が訪れていた北防波堤ドームの柱と柱の間に、スケートボードに使うジャンプ台が放置されたままの状態となっている。
 総延長427㍍あるドームの中間ほどにスケートボード用のジャンプ台やスラローム用のコーンなどが暫くの間、放置されたままとなっており、市民は「北海道遺産に指定されているドームの景観を悪くしている」と改善を求めている。
 管理する市(物流港湾課)によると、所有者が不明のため近く撤去を求める貼り紙をしその後も改善がない場合は市が一時預かりし、その場から撤去したいとしている。
 ドーム内での犬のフン放置は改善されてきているものの、未だ一部の飼い主によるマナー違反が続いている。2日に1回、ドーム内の清掃を担当している人は「以前よりフンは少なくなりましたが、朝に来ると落ちています」と話していた。

コメントを残す