天北緑地のサクラ開花 昨年より5日早く

 稚内地方気象台は7日、天北緑地公園にあるエゾヤマザクラの開花を発表した。平年より7日、昨年より5日早い。
 6日朝までは蕾から僅かに花びらが見える状態だった標本木のサクラは、その日の午後に気温が今年最高の22・4度まで上昇したことで花の成長が一気に進み、7日午前9時半過ぎ、気象台職員がサクラの花が5輪以上咲いているのを確認し開花宣言した。
 1月に沖縄からスタートしたサクラ前線は4カ月かけ最北の稚内に到着した。

コメントを残す

前の記事

天北堆