即位祝う記帳所開設 宗谷合同庁舎には40人以上の市民訪れる

 天皇陛下御即位を奉祝する記帳所が4、5日、宗谷合同庁舎で設けられ、市民らが記帳簿に氏名など書き込み新時代の始まりを祝った。
 5日、庁舎ロビーに訪れ記帳簿に書き込んだ男性は「昭和から平成に移り変わる際にも記帳しに来ました。即位をお祝いしたい」、共に訪れた女性も「天皇陛下の即位をお祝いしたい」と話していた。
 4日は20人、5日も20人以上が記帳に訪れた。
 記帳簿は道庁に送られたあと、宮内庁に届けられる。

コメントを残す