観光客に北門神社の御朱印が人気

 平成最後の4月30日から「令和」が始まった5月1日にかけ北門神社に御朱印を求める旅行客や市民が訪れていた。
 令和初日の1日、神社には観光客、市民が100人ほど訪れ、持参した御朱印帳に山本宮司が「令和元年5月1日 北門神社」などと揮毫していた。
 平成27年から北門神社の御朱印を集めているという市内の男性は「平成のように令和も平和な時代になってほしい」、大阪から来たカップルは「平和な世の中が続いてほしい」と夫々が新しい時代の幕開けに当たって平和を願う声が聞かれた。
 2日間で200人余りの御朱印帳に元号を揮毫した山本宮司は災害が多かった平成を振り返り「令和は天変地異のない穏やかな時代になることを願っております」と話していた。

コメントを残す