稚内信金入店式で増田理事長「将来向け努力を」と挨拶

 稚内信金の新入職員入店式は1日、東支店で行われ、16人(男3)が社会人としての一歩を踏み出した。
 新入職員や父母を前に、増田理事長は「時間、人との繋がり、疑問を持つことや解決するという3つのことを大切に、将来の自分がどうあるべきか考え努力を重ねていってほしい」と激励し辞令を交付した。
 新入職員を代表し東支店勤務の小林美穂さんが「郷土の繁栄に奉仕する信用金庫の使命を深く認識し、諸先輩の築かれた栄光を守り更に躍進するため勇気と誇りを持って努力することを誓います」と宣誓した。
 今年は四大卒6人、短大卒1人、高卒9人を採用。このうち稚内出身者は7人。

コメントを残す