労働環境改善など目指し 新人の中村氏の事務所開き

 市議選に立候補する予定の中村公博氏(64)の後援会事務所開きが31日、大黒4の住宅で行われ「活力ある地域社会を目指し、一歩でも二歩でも前進して行きたい」と決意を述べた。
 支援者60人を前に、代表幹事の熊谷悦子さんは「短い期間ではありますが、中村氏の応援を最後までお願いします」と激励を受けた中村氏は「稚内市は大好きな街であるが、人口減少と共に解決しなければならない医療や福祉、基幹産業までは漁業の衰退、酪農家の離農などの課題を抱え、小売店の減少など働動環境は悪化する一方。働き手の活気ある職場環境など目指して行きます」と力を込めていた。

コメントを残す