少年少女173人熱戦 南部柔道少年団主催 第1回てっぺん柔道大会

 稚内南部柔道スポーツ少年団主催のてっぺん柔道杯全道選抜少年少女柔道大会は31日、総合体育館で開かれ、各地から出場した子供たちが日頃鍛えた技を競い合った。
 昨年、南部柔道少年団が創立50周年を迎えたことを機に全道規模に拡大し記念すべき第1回大会には稚内はじめ南富良野、留萌など全道13少年団から幼児と小中学生173人が出場。試合は男女混合の団体戦を皮切りに、個人戦が行われ、気合い十分の選手たちは覇を競い合った。
 大会を終え、大谷貴美稚内南部柔道スポーツ少年団代表は「競技普及のため大会がこれから発展していくことを願っています」と期待を寄せていた。
 稚内少年団の戦績は次の通り。
 〈団体〉▽中学生②稚内南部柔道スポーツ少年団。
 〈個人〉▽小学生男子低学年軽量級①南瑠一▽同重量級③新屋颯理▽同中学年軽量級①杉山輝樹▽中学生男子軽量級③橋向竜生▽小学生女子高学年①三上柚▽中学生女子▽三上凪。

コメントを残す