潮見3で近くに住む60代男性が除雪車と接触し死亡

 23日朝、潮見3で除雪車と接触し死亡するという交通死亡事故があった。
 午前7時頃、潮見3のマクドナルド40号稚内店舗横の市道で作業中の除雪車に男性が接触し死亡する事故があり、稚内署は運転していた緑6、会社員千田勇容疑者(56)を自動車運転処罰法の疑いで現行犯逮捕した。
 稚内署によると、現場の道幅は4㍍と、車両1台通るのがやっとの幅員しかなく、千田容疑者は除雪車をバス通りから国道に向けバックした際に男性と接触したことに気付き稚内消防署に通報。その後、消防から連絡を受けた勤務先の会社が稚内署に通報し、午前7時過ぎに現場に駆けつけた警察官が頭部から血を流し死亡していた男性を発見した。同署によると、男性は60代位で近くに住む人とみられるが、午後1時現在、身元は判らず、事故原因とともに捜査している。
 稚内市内の死亡事故は今年初めてのことで昨年8月19日、声問で80代女性が轢かれ死亡した事故以降、続いていた死亡事故ゼロ継続日数は216日で途絶えた。

コメントを残す