石川氏と鈴木氏激突 道知事選告示

石川 知裕氏

鈴木 直道氏

 21日告示された道知事選に事前の予想通り元衆議の石川知裕氏(45)と前夕張市長の鈴木直道氏(38)が立候補し、石川氏は厚真町で、鈴木氏は安平町で第一声を放った。
 石川氏は立憲民主党国民民主党、日本共産党、自由党、社民党の野党5党が推薦し、鈴木氏は自民党、公明党の政権与党が推薦するという全国唯一の与野党全面対決の選挙戦になった。
 稚内には石川氏が24日、鈴木氏は27日に入る予定。
 投開票は4月7日。

「選挙人名簿登録者」
 道知事選が21日告示されたことを受け道選管宗谷支所は告示前日20日現在の選挙人名簿登録者数を発表した。
 稚内市2万9289人(男1万4345)9町村合計2万5216人(男1万2443)の5万4505人(男2万6788)。
 前回、平成27年の選挙の告示前日(3月25日)現在に比べ稚内市1440人、9町村合計1258人の2698人の減。

コメントを残す

前の記事

時の話題 「知事選突入」

次の記事

天北堆