時の話題 「知事選突入」

 高橋知事が引退し今年夏の参院選に転出することから16年ぶりの新人同士の戦いになる道知事選が告示され、2人とも第一声を昨年の北海道地震被災地の厚真町、安平町などで放った。
 道知事として史上最も長い4期16年間に及んだ高橋知事は可もなく不可もなくの、元官僚らしい手堅い道政運営に徹した。初の女性知事として柵のない道政を期待した向きはあったが、所詮、官僚出身であり、中央依存の政治から抜け出すことはできなかった。高橋さんが当初目論んだことがあっただろうが、結果として不完全燃焼に終わったのでなかろうか。
 地方の人口が減り札幌への一極集中が進展する中、支庁(現振興局)を中心に据えた地方主導の政治への願いは支庁再編が計画通り行かず玉虫色の結着をみたことから高橋知事のリーダーシップを懐疑的に見る道民が増えたのは確かなことであり、海千山千の政治の世界での官僚出身の女性知事としての限界を否定できない16年間で忸怩たるものがあったであろう。
 そういう知事だったが、16年も重職を担ったのに偉ぶることなく悪い事(語弊あるも)は一切しなかったことは道民代表としての立場として評価される。
 鈴木直道、石川知裕両氏はどちらが知事になるとしても高橋知事の清廉さは見習うべきであり、二人とも若いので余程の失政がない限り何回か当選を重ねるだろうから余計な事での道政停滞は厳に慎まなければならない。
 大局的に物事を判断する中、サハリン航路は途絶えないよう努めてほしいものだ。

コメントを残す