家庭菜園する市民がシカ防ぐネット設置 食害防止対策で

 雪融けが進み人里に下りてきているシカに備え、家庭菜園をする市民が畑などが食害に遭わないよう防護ネットを取り付けている。
 雪融けが進んだことでシカの行動範囲が広くなり、特にノシャップ~西浜地区などでは日中でも群れが裏山から下りて来ている。
 最近は緑、大黒など南地区にも群れが出没するようになり、大黒地区の女性は「雪融けが早いこともあって2月下旬から畑周辺はシカの足跡が沢山ある。今のうちにネットを張っておかないと新芽が食べられてしまう」と話しながらネット張りをしていた。

コメントを残す