新たな門出を祝う 職親会主催の集いに卒業生20人出席

 稚内市職親会主催の第50回門出の集いは16日、文化センターで開かれ、中学、高校の特別支援学級を卒業した生徒20人(欠席3人)の新たな旅立ちを祝福した。
 合同入社式及び激励会を兼ねた門出の集いに出席した卒業生、父母ら100人を前に、今村会長が「進学先、社会人としての仲間入りで不安なことがあると思いますが、夢や目標を持って諦めず何事にも根気よく歩み続けて下さい」と式辞を述べた。
 青山副市長らが祝辞を述べたあと、今村会長から出席した卒業生に記念品が贈呈=写真=され、卒業生を代表し市内に就労する美深高等養護学校卒業の寺田咲妃さん(18)が「私たちは就職、進学してもこれまで学んだことを忘れず努力していきます」などと決意を述べた。

コメントを残す