木村稜さん世界大会出場 25日からオーストリアへ

 稚内のスノーボードチームシーモアに所属するプロスノーボーダー木村稜さん(18)が9日福島県の星野リゾート猫魔スキー場で開催されたインディパークジャムルーキーフェスト2019でプロ戦初優勝。25~30日までオーストリアで開催されるU―18の世界一を決めるワールドルーキーツアーへの切符を手にした。
 ルーキーツアーのアジア予選として開催された木村さんが出場したインディパークジャムのスロープスタイル女子オープンクラスには16人が出場。予選を4位で通過し、決勝進出した6人と競った結果、得意技の進行方向(左)とは逆向きで飛び1回転半するCAB540とフロントサイド720(2回転)を決め見事優勝した。
 プロ1年目の昨年掲げた目標を早くも達成した木村さんは「大会でフロントサイド720を決めて勝つという目標を達成でき嬉しい。オーストリアのファイナルでも自分が納得できる滑りをし楽しんできます」と話していた。
 オーストリアの大会では、各国の予選を勝ち抜いた強豪スノーボーダーを相手に日本選手団の一人として頂点を目指す。

コメントを残す