雪割し船置き場確保 宝来~恵比須地区の前浜

 宝来から恵比須にかけての前浜で、除雪で集められて出来た雪山を割る作業が重機を駆使し行われている。
 間もなく始まる前浜での春漁を控え、磯船の置き場確保などのため市から要請を受けた業者が、5㍍以上の高さがある雪山を重機で崩し陽が当たり雪融けが進むよう作業を行っている。
 前浜で磯船の準備をしていた漁師は「15日からのナマコ漁解禁後直ぐは海水温が低いため余り良くないと思うが、豊漁になるよう願っている」と今や稚内漁協組合員の看板漁になったナマコ漁に大きな期待を寄せていた。

コメントを残す