天北堆

 ネットの時代とはいえ子供たちが発案し困っている人を励まそうというのは至難なことで、父母や学校の先生ら大人が音頭を取らねば進むものでない◆潮見が丘小児童ら422人が昨年9月6日の胆振東部地震で被災した安平町の早来小6年生の〝笑顔を集めるプロジェクト〟の呼びかけに応じ励ましの言葉を書いたメッセージを手に持った写真をグループに分かれ送信している◆安平の人口に匹敵する8千人の笑顔を集めようというのだから壮大な事である◆子供は近くにいる大人次第で健やかさが違ってくる。

コメントを残す