天北堆

 今冬は厳寒の日少なく、体が暖まる鍋をする日は何日かしかなかったが、鍋の具材に欠かせないタラがここに来て大量に水揚げされている。5、6の2日間で1万5千箱を超えバラも16㌧。地方卸売市場が活気づいている◆数年前からの自主規制などによって昨年から稚内港基地の底曳き漁船の水揚げが上向いてきており、それに㌔単価が他魚種に比べ高いタラが好漁なので船主はホクホク顔か◆往時の10分の1の6隻まで減ってしまった沖底船だが捨てたものでないものの、老朽化している船体が喫緊の課題だ。

コメントを残す