全ての月で少なく 今冬の降雪量 平年の半分以下の243㌢

 稚内の今冬11月~2月末までの降雪量は243㌢と平年より286㌢も少なかった。
 稚内地方気象台によると、今冬は全ての月で平年値を下回り、11月25㌢(平年53)、12月73㌢(同160)、1月77㌢(同173)、2月68㌢(同143)、10㌢以上のまとまった雪が降ったのは昨年11月30日、12月10日と2月7日、12日の4日間だけだった。稚内は雪雲の発生が少なく、まとまった降雪がある気象条件の揃う日が少なかったことを要因としている。
 昨冬は最大80㌢の積雪を記録した稚内地方だが、今冬は2月13日の39㌢が最大値。少雪で雪融けも早く、例年なら未だ雪で隠れているノシャップパークゴルフ場は雪が融け、殆んどの所で芝生が見えている。
 近所の人は「昨年は沢山除雪をしたが、今年は除雪回数も少なく本当に楽な冬だった」と話していた。

コメントを残す