昨夕、真っ赤な太陽出現 市民に不安の声も

 1日夕方、沈む太陽が真っ赤に染まり、いつもと違う太陽の様子に「何かが起きる前触れでは」と不安の声が聞かれた。
 かすみがかった空に午後3時以降、オレンジ色した太陽が沈み始め、日の入り時刻に迫った午後4時にかけて真っ赤な太陽へと変貌した。普段とは違う異様な太陽の姿を見た人からは「地震などの前兆なのか」などとの声が聞かれた。
 真っ赤な太陽は沈む時の空気層が関係しているようで、1日は暖かかったことに加え、中国大陸での森林火災からと見られる煙が上空を漂ったことで現れたと見られる。

コメントを残す