仙台の若者が自転車で日本一周 稚内には2度目の来市

 自転車で日本一周の旅に挑戦している東北大学2年生の平岡知樹さん(20)が稚内入りした。
 大学ではサイクリング部に所属し若い時に色んな地域を見てみたいと、春休みを利用し日本一周の旅を決意。今月5日に自宅がある仙台市を発ち、青森県大間~函館間のフェリーで9日に北海道入りした。
 函館からは一日150㌔のペースで野宿などしながら走り、内陸を通って網走などオホーツク海側を走り25日夜、稚内に到着。外でテント泊し一夜明けた26日朝、南下する前に宗谷岬に行く準備をしていた平岡さんは「北海道に入ってから前が見えないほどのホワイトアウトを経験しました。あの時は本当に怖かった」と旅を振り返り、一昨年以来2度目の来市という稚内について「以前、自転車で北海道一周した時は夏だった。冬の景色もいいですね」と話していた。
 沖縄で折り返したあと、4月上旬までには仙台に戻る予定で「事故がないよう安全に頑張りたいです」と宗谷岬に向かった。

コメントを残す