除雪奉仕で恩返し 潮見小6年生がゴミステーション周辺の雪かき

 潮見が丘小6年生が21日、校区の萩見、朝日地区などのゴミステーション周辺の除雪ボランティア活動を行った。
 卒業間近の6年生84人は、お世話になった地域に恩返しをしたいと、校区内にある24カ所のゴミステーション周辺の雪かきをすることにした。
 21日午後、グループに分かれた児童たちはゴミステーションの上や周辺に積もった雪をママさんダンプなどで小一時間、奉仕作業に汗を流した。
 萩見で除雪作業をした森一樹君(12)は「地域の人たちに感謝し恩返しをすることが出来たと思います」と話していた。

コメントを残す